先輩や上司を目標にしてみる

仕事をしていれば、誰でも多くの先輩や上司と関わることになる。
企業の規模によっては、かなり多くの先輩や上司がいる人もいるだろう。
入社当時は、先輩にお世話になった人も多いはずだ。
そして、こういった先輩や上司に「憧れの人がいる」という人も多いのではないだろうか。
身近に憧れるくらいの先輩や上司がいるというのは、実は非常に幸せな環境だと言える。
仕事をしていく上で、目標となる相手がいれば仕事は更に楽しくなるだろう。
エンジニアは専門職となるため、何よりも腕が物を言う業種となる。
そのため、仕事をしていく際には常に勉強が必要となる。
そんなエンジニアの仕事はプロフェッショナルな仕事上、尊敬出来る先輩が多い職種ともなっており、自分の目標として掲げやすい環境とも言える。
中には、「この先輩は、本当に仕事が早いなぁ」「どうしてこの上司はこんなに頼もしいのだろう」と思っている人もいるだろう。
身近に、尊敬出来る先輩や上司がいるということは、その先輩や上司のやっていることを見ていくことで、自然と勉強することが出来るということだ。
困った時には、身近に相談出来る相手がいるということでもある。
このメリットを生かさなければ勿体ない。
先輩や上司の背中を追いたいと思うのであれば、その年齢の時には「同じ立場になって仕事をする」「上司の様な頼れる存在になる」といった目標を立てることで、仕事への取り組み方を変えることが出来るだろう。