達成しやすい目標設定を

職場状況的に「個人的な目標設定を行いにくい場合」もエンジニアにはある。
開発チームの一員として仕事を行うことが多く、「チームとしての目標」や「会社にとっての目標」を達成するために仕事をこなしていくことが増えているからだ。
そうしたことを解消するには「チームの目標を達成するために必要なスキルを磨く」という目標を設定するのが有効な手段として挙げられる。
チームの目標にも合うような内容を個人的な目標に設定することで、チームの目標を達成するために仕事をこなしている間に自分の目標を達成しているというケースを作ることができる。
またチームの目標に合うものを選ぶことで意識的に自分の目標を達成させるように活動を始めるはずだ。
意識的に活動できれば自分の能力は高くなっていき、出世も狙いやすくなる。
もう1つ挙げられる職場の問題は「新入社員の中に目標設定が苦手な人がいる」ことだろう。
目標の設定は自分の成長を促すために重要なことであるのだが、目標の設定が苦手な人は「目標を設定しないまま進む場合」や「何を目標に設定していいか分からない状況」に陥っている可能性がある。
そのようなケースを解決するためには管理職の立場にある人が手を差し伸べてあげることが有効になってくる。
上司が目標を設定してあげることで部下は目標に向かって進むので、自然と成長を遂げるのだ。
1つ注意点を挙げるとすれば目標設定のハードルについてだろう。
あまりにも高いハードルでは挫折感を味わい、成長を妨げることになる。
目標は達成しやすいものを設定すべきである。