明確な目標設定が自分の成長に繋がる

システムエンジニアの仕事はシステムを開発することだ。
システムを開発するためにはクライアントの要望を聞いた上で、基本設計と詳細設計を行い、プログラミングをする。
最後にテストを行って、問題がなければ稼働されるという仕組みだ。
これらの流れを繰り返すことが仕事になるが、この流れを繰り返しているうちに作業をこなすだけに集中してしまうような人もいるだろう。
その状況を改善するためには「目標設定を行うこと」が重要になってくる。
目標に設定できるものは豊富にある。
まず挙げられるのが「技術」だろう。
IT業界における技術の移り変わりは激しい傾向にあるため、常に新しい技術を求められる。
その「新しい技術を身に付けること」を目標として設定しておけば、新しい技術を得られる上に目標を達成した喜びを感じられる。
次に挙げられるのが「情報の収集」を目標に設定することだ。
新しい情報を仕入れることができれば画期的なシステムを開発するためのアイディアが浮かび上がってくる可能性も高い。
そうなればエンジニアとしての能力を評価してもらえることにも繋がるはずだ。
他にも「コミュニケーション能力を向上させる」という目標を持てば、「コミュニケーションを積極的に取ろう」と思うようになるだろう。
積極的にコミュニケーションを取れば開発チームを纏める能力を身に付けられる他、クライアントとの交渉を行う際に必要とされる交渉術を向上させることにも繋がる場合がある。
このような仕事にプラスの効果を与える可能性のあることを目標に設定することで自分を成長させられるのである。
また、チームにおいてやキャリアを考える時など、さらに具体的な場面を想定して「設定すべき目標」や「目標を立てる時の意識」について知りたい場合は【http://xn--o9j4fra8dxe2kz34yhiyayey0h4b.com/】の内容がヒントになるだろう。